2017-02-14-Tue-16:38

【 - 】

 皆さんは「それでも町は廻っている」という作品をご存じでしょうか。僕が敬愛する石黒正数先生の漫画なのですが、今日最終巻が発売され完結致しました。僕はもう読み終わったのですが、結論から申し上げると、とても良い一冊でした。バイト先の本屋に朝一で行き、予約注文した最終巻を買いました。注文伝票は昨日のバイト中に自分で書いておいたのでぬかりはありません。
 見知った同僚から本を受け取ってお店を後にしたとき、僕は気分が落ち着かず、手は汗ばんで、どうやら緊張をしているようでした。他の作品ならともかく、僕にとって「それ町」はそれだけ大きな意味を持つ作品なのです。
 僕がそれ町に出会ったのはまだアニメーターをしていた頃、二十代前半の頃だったと思います。二十二歳頃だったかな。記憶が曖昧ですみません。僕はその頃、正直に言って仕事があまりうまくいっていませんでした。フリーアニメーターとして自宅作業だけで食べていくのは非常に大変で、仕事は毎回神経を使う上に沢山こなさねばならず、自分の器以上の仕事をギリギリこなしている状態でした。
 つまり何が言いたいのかというと、はっきり言ってしまえばあまり楽しくなかったのです。
 人間、楽しくなければ辛いものです。日々に忙殺され、常に締め切りに追われる毎日は辛くありました。アニメーターという仕事が楽しくないと言っている訳では無いことを注釈しておきます。とても遣り甲斐のある仕事ですが、その頃の僕はうまくいっていなかったというだけです。
 そんな頃、同居人からそれ町を借りて読みました。内容は何てことない話ばかり。とある町のとある女子高生とその周りの仲間たちが、日々のちょっとした出来事を巡って右往左往する漫画でした。
 心に突き刺さるような大きなドラマがあるわけでもないのに、僕はその作品がとても好きになりました。楽しそうに悲しんだり怒ったり笑ったりする彼らが、何だか羨ましくもあり、まるで一緒になって遊んでいるようでもあり、他人とは思えない何かを作品に感じたのです。
 辛いときに読めば不思議と、何だか頑張れそうな気がしてくるものでした。
 それからは、毎巻、発売の度に欠かさず読みました。五年以上もの間、常に僕の傍らにはそれ町という作品がありました。
 そんな作品が今日、終わってしまったのです。緊張するのも無理はありません。自分で予約しておいて変な話ですが、同僚がバックヤードから僕の注文伝票とそれ町の最終巻を持ってきたとき、「本当に終わるんだ」と初めて実感したのです。
 本屋を後にしてから、僕はすぐ近くの喫茶店に向かいました。いつも利用するドトールコーヒーです。何だか、家で読むのは違うような気がしたのです。理由など自分でもわかりません。お昼前だったので、お店は少しだけ混んでいました。いつも通りカプチーノのМサイズを頼み、喫煙席に座りました。
 一度静かに深呼吸をして、本を開きました。
 内容について、語りたいことはたくさんあるのですが、新発売の漫画ですので、内容に関する話は避けさせて戴きます。
 何はともあれ、読み始めるとあっという間に終わってしまいました。終わりに向かっていく作品に、面白いとか、悲しいとか、いろんな感情が渦巻きます。二十代の僕の人生が、作品と共に一緒になって走馬燈のように蘇ってきて、お恥ずかしい限りですが、人目もあるというのに少しだけ泣きました。
 唐突に暗くて驚かれるかもしれませんが、僕が生き続ける数少ない理由の一つが、それ町でした。数か月前、本屋での仕事で新発売のヤングキングアワーズを手に取った僕は愕然としました。表紙にはそれ町が今回の号で終わることが記載されていたのです。雑誌掲載よりも遅れて発売するコミックで読み続けていた僕にとって、それはあまりにも唐突でショックでした。これで僕が生きている理由も無くなってしまうと、本気で考えたのです。
 読み終わった最終巻を閉じて机に置き、自分の単純さとアホさに呆れて少し笑いました。
 その時僕は、「これからも生きていかなくてはならない気がする。」などと考えていたのです。
 内容に触れられないので説明は難しいですが、それほどに最終巻は僕の心に刺さったようでした。僕が単純でアホだから響いたのではなく、作品が良いから響いたのかもしれません。
 それから、煙草を吸いながら僕は自分の二十代を振り返りました。そして、これからは僕の傍らにはこの作品が無いという事も考えました。
 そんな事を考えていると、きっと今日という日は特別なのだと思えたのです。
 これからは二十代を共に歩んでくれた「それ町」という作品はありません。しかしそれ以上に最終巻を読み、色々な事を考えた今日という特別な日は、いつかきっと財産になる日が来ると、そんな予感が今の僕にはあったのでした。
 自分自身が腑に落ちたので帰ることにしました。
 ドトールコーヒーを後にし空を見上げると、特別な日はとても高く青く感じる快晴なのでした。
 いつまでなのかは分かりませんが、もうしばらくは自宅の枕元に「それ町」が積んである生活が続く事でしょう。
 
 今まで、本当にありがとうございました。
 石黒正数先生、お疲れさまでした。

COMMENT



コメントの投稿

HOME