--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-11-10-Thu-06:50

【 - 】

 さて、現在11月10日(木)午前六時、私はまた何のプランも無くブログの管理者ページを開いて文字を打ち込んでいます。
 思い返せば私が小説を書き始めて既に二ヶ月弱経ちました。一作目と二作目は一週間に一本というハイペースで出来上がっていきました。ともすれば現在は何作出来ているか単純計算してみたくなった方もおられるかと思います。しかし、その計算は無意味なのですぐにお辞め下さい。
 結論から先に言いますと、私は三作目の小説をまだ書き上げていないのです。これには私、自分自身に失望しました。九月に二作目を書き終えた私自身も、三作目四作目と、どのくらいのペースで書き上げていくのか、自分なりに計算しておりました。自分に対するこんな計算ほど無意味で馬鹿馬鹿しい事も無いです。現在、そのような計算作業は完全に打ち止めております。
 やはりこのようなだらしない人間には一つの趣味に没頭しその真髄を知るところまで突き進むことも出来ないようなのです。なんと悲しい事でしょう。私は一生このままなのでしょうか。
 そんな事を考えだしたのが、先月の中頃から後半にかけて、酷い風邪で寝込んでいる時でした。いや、所詮は趣味。無理して続ける事も無い。と、脳内の私が絶えず私に語りかけます。励ましているのか、自分自身に対する言い訳なのか、良く分からないですけれど。しかし、十月中頃からの一ヶ月間、そんな脳内の私にずっと張り付かれ耳元でそんな事を囁かれ続けて、どうも私、すこぶる気分が悪いようなのです。何故なのでしょう。
 先月の日記で私自身、こんな事を言っております。
 「反省をするのは意味が無いから辞めた」
 いや、全くその通り。それは今でもそう思います。何を言っているのかよく分からなければ、先月のエントリーをご一読下さい。しかし、先月から私の耳元でささやき続ける私自身は、言葉だけを見て取れば似たような事を言っているように思います。何故私はそれに気分を悪くするのでしょうか。
 要するに近頃の私は心持ちが悪いのです。
 先月のはじめに私がブログで書いたその言葉は、生きていくことの難しさから徹頭徹尾目を逸らし、大きな心で開き直りの姿勢が何とも私好みで、まるで地平線まで続く陽気な草原と大きくて広い青空のような、未来に対して一切の不安の無い、良い心持ちなのです。
 近頃の私が耳元で囁く言葉には、そのような気持ちの良さがありません。同じ言葉でも、心持ちの違いでほとんど逆の意味にすらなるようです。近頃の私は全く開き直りの姿勢が無いのです。小説の手が進まず上手く行かないなら、辞めれば良いと、きっぱりしていないのです。本当に開き直るのであればきっぱりと辞めれば良いのです。しかし、どうも私自身、本心ではそうしたく無いようなのです。したがって脳内で私に囁かれる言葉は毒にしかなりませんでした。
 私、開き直る方向を変えることに致します。現在執筆中の小説は現在230ページ程の所で止まっております。この小説、読み返すのも辞め、とりあえず問答無用に150ページ程消すことに致します。何故残すのかという点については、やはり一度始めたものは完成させなければならないという私のポリシーのようなものと捉えて頂きたいです。物語の中で私が生み出したキャラクター達に、何らかの華を持たしてあげなければ申し訳が立たないのです。
 その決心はどうやら私好みだったようです。作ったものを消す事に対する若干の興奮すらあるのです。
 耳元で囁く脳内の私は、何がしたいのかよくわかりませんが、まだ囁くのを辞めようとしません。他にやることがあればそんなもの、知らん顔が出来るものだと考えております。
 以上、私の近況でした。

 ここからは、私の周囲についての近況をお話します。
 私の小説に世界で一番最初に目を付けた友人のヨツベさんが、私の一作目の小説に関して何やら様々な画策を練っているようです。何をしようとしているのか私自身、聞いたところで良く分からないのですが。彼が言うのならばきっと私一人で細々とやっているよりも広がりがあるようにも思えるので、全てをおまかせしたい気持ちです。何よりもそのような事は私、とにかく苦手なのです。
 前々からヨツベさんにお願いしたいと勝手に思っていた表紙に関しては、既にデザイン案などを上げてくれていて、心の底から湧き上がる嬉しさを感じました。完成するのを楽しみにしております。
 というような事もあり、前々から一作目を読みたいと言って下さってお待たせしてしまっている方には申し訳ないのですが、すべての準備が整い次第とさせて頂きたいです。どのくらい時間がかかるのかもわかりませんが、長い目で待っていただけるとうれしいです。何よりも、デザイン案を見てしまってからでは、絶対に表紙無しでお送りしたくないのです。手前勝手で申し訳ありません。
 ご理解頂けたようで感謝致します。
 以上、周囲に関する近況でした。今回のエントリーはここ迄とさせて頂きます。
 では、また会う日まで。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。