--------------:--

【 スポンサー広告 】 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-10-30-Sun-04:02

【 - 】

 前回の記事を読み返して思います。私は何が言いたいのだろう。全く要領を得ていなくて話があやふやです。寝起きで、しかも感情が昂って書いたので仕方がないのかもしれないですが。
 書き直そうかとも思ったのだけれど、これはこれで私らしく悪くないなと思ったので残しておくことにします。考えようと思ったのだけれど、上手く言葉も出てこず途中まで考えたところで結論が出ずに諦める。とても人間らしくて良いと思います。自画自賛です。自己保身かな。
 頭も少しだけ冷静になってきたので、もう少し考えてみます。
 前回の記事で私がテーマにしたのは「誰にも言わないでね」という言葉そのものについてです。考えてみれば言葉そのものには罪は無いように思います。罪があるとしたら言った人間です。つまり、言葉だけの問題では無いのです。人間そのものを計るとしたら、もっと全体的に考えなければなりません。しかし、今回は私の経験の話をする訳にはいきません。何しろ言われた側である私は、口止めされているのです。こんなところで言ったら私は私を許せません。ですので、実際的な事は省きます。
 ここでは私が勝手に例え話を作って考えていこうと思います。
 例1「誰にも言わないで欲しいんだけど、冷蔵庫のずっと奥の方にプリンが隠してあるんだよね」
 これはどう考えても許しがたい言葉では無いです。寧ろ微笑ましく、言われた側は羨ましくもあります。恐らく言ったのは家族の誰かで、しかも恐らく女性でしょう。女性は甘いものが好きだと伝え聞いております。となれば妹や姉なのかもしれません。私はまだ年頃の娘を持つ経験を想像することも出来ないので、兄妹が妥当でしょう。とても良いです。なぜそれを言ったのかはよく分かりませんが。
 例2「誰にも言わないで欲しいんだけど、昔人を殺したことがあるんだよね」
 さて、例1を踏まえてこちらを見てみると、やはり言葉そのものに罪が無いのを理解できます。前回の日記で私が言いたかったのはつまり後半の部分についてでしょう。これは例なので私は実際言われた経験が無いですが、こんな事を打ち明けられたら、私はどんな顔をしていればいいのか全く分かりません。逃げたくなるのか、怒りたくなるのか、悲しくなるのか、経験してみない事には分からないです。何故、前回の記事で私は結論を出せなかったのでしょうか。それは、例2で言うところ、「人を殺した事がある人をそうと知らずにそんな事をする人ではないと信用し続ける事になるところだった」と「誰にも漏らせない秘密を抱えさせられる」という二つの理屈を天秤にかけているせいなのです。
 たしかに、これには結論が出ません。例2では分かりやすくするためにかなりショッキングな内容にしてしまったのですが、内容によってはどちらの方が良いのか、なんて結論が出ないのです。相手の秘密そのものに人間として問題があるように感じ許せないのであれば、糾弾すべきはもはや言葉ではなくその秘密そのものでしょう。
 世間のニュースでよく、不倫の話題が取りただされています。例えば不倫をしている友人が、その事を自分だけに打ち明けて来たとしたら、あなたは許せるでしょうか。秘密を破ってでも何かすべきだと思うでしょうか。それとも、一切を受け止め、許せるでしょうか。昨日までと、同じように友人として接することが出来るでしょうか。
 私には、出来ないのかもしれません。周りの皆が思っている以上に、私の器は大きく無いのです。平均よりも少しだけ大きい程度です。許せない事はやはり許せません。
 そう思えば、人の話しを安易に聞く私そのものに問題があったのかもしれません。受け止められない話があるのであれば、秘密の共有など初めから断るべきなのです。これは、私の中ですっきりとする結論が出ました。悪いのは、安易に話を聞いた私でもあるのです。
 そして、「そんな事をする人だと思っていなかった」という感情すらも、傲慢なのです。信用と期待は時に人を不幸にします。前回の日記はあやふやで要領を得ていませんが、最後だけは良い事を言っています。
 「人は本質的に優しくて思いやりがあると、それでも私は信じていたい」
 そんな事をする人だと思っていなかったと思うのが傲慢だとしても、やっぱりそれでも、人を信じられる気持ちは美しいと信じています。ですので、結果不幸せになったとしても、私は人を信じていようと思います。不幸になるのは私だけなのが一番なのです。これからは、安易に人の秘密に触れないようにしようと思いますが、これまで、私が抱え込むことになった秘密達についても、私だけが被害を被るように努力しようと思います。
 しかし、感情そのものは吐き出していきます。私は経験を書いている小説に昇華していこうとも思っています。そうでなければ、私が報われません。溜まりに溜まった気持ちがコップから溢れ出してしまう前に何とかしないと、きっと大変な事になってしまいますので。
 前回の記事で言いたかったことがちゃんと纏まってくれて良かった。つまりこういう事が言いたかったんだと思います。少しだけ、人の気に触りかねない事を書いてしまったことを謝ります。申し訳ないです。
 この話はあなたと私だけの秘密で、他の人には内緒です。
 とは、私は言いません。
 煙草が無くなってしまったので、朝の四時ですがコンビニに行ってこようと思います。十月末の朝はもう冷え込みますので、何かを着込んで行ってきます。では。

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。