2016-10-23-Sun-06:44

【 小説の書き出し 】

 朝靄に包まれた街を一人歩いている。自宅を出てから一時間は経っただろうか。その頃は確かまだあたりは暗かった。今はもう明るい。
 青白く靄が包み込む街中を一人歩いていると、とても不思議な感覚になった。本当はそんなに長く散歩をするつもりはなかったのだけれど、何となく特別な感じがして帰れなくなってしまった。多分、今は朝の五時くらいかな。良いや、今日も学校は休もう。このまま歩けるところまで歩いてやる。
 青白い街には人気が無く、ひたすらに冷たい印象だった。私はそんな中をまるで幽霊のようにふらふらと当ても無く歩く。何も考える事は無い。色々な事を忘れて、自分が自分である事すら、忘れて歩こう。
しかし、思えば思うほどそれは無理だった。
 私には「水原美姫」という友達が居た。美姫とは小学校四年生の頃に仲良くなってから、お互いに一番良く遊ぶ友達だった。世間ではこういうのを親友と呼ぶのかもしれない。私はその表現があんまり好きじゃないから彼女は友達だと言いたいけれど。
 彼女はとても不思議な子だった。美姫が転校してきて、私は彼女の隣の席になる。初めて会う転校生になんて声をかけて良いのか分からずにもじもじしていると、彼女は私の顔をじっと見つめてニッコリと笑い話し始めた。
 「安藤彩子ちゃんね。よろしくね」
 この時のことはよく覚えている。およそ同学年と思えないほど落ち着いていて、驚いたのだ。まるで私の心の中を見透かすような顔だった。大人の女性と話しているような気分で、とても特別に感じた。
 それから、私と美姫はよく遊ぶ仲になった。元々特別仲が良い友達の居なかった私は、美姫と知り合えた事がとても嬉しかった。美姫も私と同じように、他のクラスメイトとは波風が立たないように付き合うだけで、特別仲のいい友達を増やそうとしなかった。私しか知らない美姫の一面を知っている事が、私にとってはとにかく新鮮で、これが本当の友達というものかもしれないと思っていた。
 彼女は体の弱い女の子だった。学校は一週間のうち、確実に一日は休んだ。多い時は三日休む週すらあった。その度に私は家に帰ってから彼女の家に連絡して、少し話した。たまに家にも訪ねた。普段はあれほど落ち着き、凛としている彼女の体が弱いのが、どうしても不思議だった。御見舞をする度に彼女は、「大丈夫だから」と笑った。どうやら私が慰められているだけのようだった。お見舞いに、色んなものを持っていったのを覚えている。家を尋ねることが出来なかった日の分も、訪ねた日に纏めて渡したりした。今考えれば迷惑だったかもしれない。
 美姫とは、結局中学三年生になるまで、クラスも一緒だった。しかし高校進学で遂に私達は別れることになった。同じ学校を目指そうと美姫に提案シたことがあったのだけれど、「進学は友達で決めることじゃないよ」と窘められてしまった。体が弱く、進級するのがやっとだった美姫にとって、同学年の学業に着いていくのは困難だった。私よりも、絶対に美姫の方が頭が良い筈なのに、美姫は私よりも偏差値の低い高校に進学した。それは今でも納得がいかない。
 高校進学で離れ離れになってから、私達はぱったりと連絡を取り合わなくなってしまった。私の方からは何度か電話をしてみたのだけれど、結局返事は無かった。
 高校二年生の秋、十月の二十三日、今日から三日前に彼女から電話がかかってくるまでは私達は別々の人生を歩んでいた。
 気付いたら住宅街を抜けて、大通りまで歩いてしまった。ここから自宅まで帰るとなると、最短でも一時間以上はかかるだろう。急に冷静になってきてしまい、私は自宅に向けて踵を返した。靄は晴れ、太陽も上がっている。様々な目的を持って道を歩く人達は、パジャマのままふらつく私を訝しげにじろじろと見てきた。少し下を向いたまま、私はとにかく歩いた。

2016-10-21-Fri-00:15

【 小説の書き出し 】

 夜道を一人で歩いている時、ふと後ろを振り向くのが怖くなる瞬間がある。足音が聞こえるからとか、分かりやすい理由など無く。実際に振り向けば後ろには何もないのも分かっている。しかしどうも後ろを振り向くと何か嫌な事が起こりそうな気がしてしまい、体が硬直してしまうのだ。
 仕事帰り、見慣れた夜道、最終電車で帰ったので時間は確かに遅いのだけれど、私はまた意味もなく背後に恐怖を感じてしまう。一刻も早く自宅にたどり着き、手に持っている餃子とビールを安心して引っ掛けたい。
 この妙な癖のようなものは、私が小学生の頃から変わらず続いていた。子供が幽霊なんかを怖がるのは何となく分かるけれど、いい大人になって、まだそんな恐怖すら克服できていないのが恥ずかしい。どうやったら克服できるのかも分からないのだけれど。
 いっそ、一度振り向いてしまえば克服できるものなのだろうか。そういえば確か何かの本で読んだことがある。高所恐怖症のようなものを克服するために、あえて苦手な高所にたくさん通ったりする、みたいな治療法があるらしい。そもそも、夜道で背後が怖いといっても、感覚としては我慢できないほどでもないのだ。少し嫌な感じがすると言った程度。これはいっそ振り向いてしまって克服してしまっても良いのかもしれない。
 午前0時を回った住宅街、私の足音以外に聞こえる音は無い。思い立ったが吉日、今日やってみようか。
 変わらず歩みを進めている私の手に汗が滲んてくるのが分かる。情けない事だ。やっぱりどうも私は背後が怖いらしい。日中や周りに人が居る時はこんな事無いのにな。
 そうか。私にとって夜道の背後は、シュレディンガーの猫のようなものだ。一度も確認したことが無いから、怖いだけなのだ。
 意を決した。今日が私を変える日になる。私は歩みを止めた。
 ―体が、動かない。
 ため息が出た。意を決しても無理なのか。いや、決して無いのか。
 再び歩き始めた時だった。私のポケットから何かが落ちた。財布だ。
 再度立ち止まる。
 これは、もう振り向く他ないだろう。むしろ好機だ。財布をそのまま置いて帰るわけにも行くまい。
 理由さえあればそれは簡単に実行出来た。二十年間出来なかったことが、不思議なものだ。
 夜道の背後には何も無いはずだった。しかし、私が二十年の間夜道で振り返ることが出来なかったのにはどうも理由があったからのようだ。
 振り返るとそこに人が立っていた。


 ※構想も何も無い状態で小説の書き出しだけを書くという遊びをしてみる事にした。やってみればそれは結構面白かった。しばらく続けてみようかなと思います。
HOME